名古屋のデザイナーズマンションのデメリット

名古屋でもデザイナーズマンション物件の人気が高まっています。
デザイナーズマンションといってもその作りは様々であり、物件を選ぶ時にはデメリットについても考慮して選ぶ必要があります。

名古屋のデザイナーズマンションというのは、比較的立地条件が良いところに集中しているので、地域的には大きな問題はないでしょう。

では、どんなところがデザイナーズマンションのデメリットであるかといえば、まずはライフスタイルが限定されやすいということです。

デザイナーズマンションというのは、建築家のこだわりによって、一般的ではない間取りであるところが魅力でもあるのですが、実際に住み始めて、例えば子供が産まれたという様な生活に変化が生じた時にスタイルを変えづらいというのは大きなデメリットでしょう。
思い切って、ライフスタイル優先の賃貸で住むのも良いかもしれません。
関連記事:住まいの選択、完全理解!:賃貸VS.購入はどちらがおトク?――20年間のコストで比較する

そしてもう一つ気を付けなくてはならないことが、デザイナーズマンションの施工や素材の質についてです。

一般的にデザイナーズマンションというのは賃貸であっても分譲であっても高価な設定となっているのですが、あまりにも高価にするわけにもいかず、施工や素材において費用を削減しているというケースも少なくありません。

よって、デザインによっては、日常生活における太陽光や雨の影響でこまめなメンテナンスが必要になってくる場合もあります。

最悪、修理が必要になる様な場合には、思った以上の修繕費がかかるということもあるので、デザインの割には格安であるという様な物件は注意する様にしましょう。